Happy mom life

1児のママ 不妊治療をして出産 毎日楽しく育児をするのが日々の目標!

妊娠しやすい体作りに私がやっていたこと

スポンサーリンク

妊活や不妊治療をしている人は基礎体温を測ったり、食事や運動などいろいろ気をつけていることがあると思います。

大したことないですが、私が息子くんを授かるまでに気をつけていたことを記録しておこうと思います。

f:id:happymomlife:20180922155812j:plain:w400

妊娠するために気をつけていたこと

体を冷やさないようにする

女性は冷え性の人が多いですが、とにかく冷えはよくありません。

体を冷やさないためにやっていたことは

  • サンダルやパンプスは履かないでスニーカーを履く
  • 飲み物は常温か温かいもの
  • 生野菜はなるべく避ける
  • お風呂は湯船に浸かる

これくらいです。

なるべく冷やさないように気をつけていましたが、必ずやっていたわけではないです。

たまにはおしゃれもしたいし、暑いときは冷たいものを飲みたい。

サンダルやパンプスを履いても2.3時間。
冷たい飲み物も1杯程度。

私は頭が硬いので、決めたら必ずやらないと!と思ってしまい、ストレスになってしまうことが多いので、嫌にならないように自分で気をつけながらやってました。

適度な運動

大人になると運動する機会がほとんどなくなりますよね。

私はインドア派なので家にいることも多く、運動なんてする気にもなりませんでした。

なのでやっていたことは本当に簡単

  • お風呂上がりのストレッチ
  • 近くのスーパーまで車は使わず歩いて行く

これだけです。

ヨガもやろうと考えたんですが、通う自信もないしDVDなど買って家でやっても続かないだろうしやめました。


お風呂上がりのストレッチも5分くらい好きな音楽のyoutubeなど見ながらやるくらい。

スーパーも歩いて10分くらいのところでした。

私はなんでも嫌になると続かないのでこれくらいしかやりませんでした。

葉酸を摂る

これは妊娠しても出産しても続けたほうがいいです。

葉酸は食事からはあまり摂取できないので、サプリを飲んでいました。

有名なのはBELTAの葉酸サプリですよね。

私も最初はBELTAを飲んでいたけど、粒が大きくて飲みにくかったのでボトル1個飲み終わったら違うものにしました。

いろいろ調べて、AFCの葉酸サプリなら粒が小さいことがわかったのでこちらをずっと飲んでいました。

私はサプリを飲む習慣がなかったので忘れてしまう日もありましたが、妊娠してからもずっと飲み続けていました。

自炊を心がけて添加物は避ける

料理は得意ではないけど、お惣菜やお弁当は食べないように気をつけていました。

作りたくない日もあるので、やる気がある日に作り置きをしたりしてお惣菜やお弁当を食べないようにしてました。

調味料やそのほかの食品も食品表示を見て、添加物が入っていないものや少ないものを選んで買ったりもしてました。

これは今でも変わらずやっていることです。

規則正しい生活

休みの日でも7時半までに起きて23時には寝るようにしてました。

ストレスをなるべく溜めない

妊活や不妊治療をしている人は生理予定日を過ぎても基礎体温が高温期だったり、妊娠初期症状があると期待して、検査薬をしたら陰性で落ち込むなんてことを毎月繰り返していると思います。

私もいちいち気にして落ち込んでの繰り返しでストレスを溜めないなんて無理でした。

不妊治療はお金もかかるし、旅行に行ったり遊びに行くなんて考えられない!って思ってました。

でも、自分を追い詰めて好きなことを我慢すると余計に悪循環だとある日急に思ったんです。

旅行だって遊びだって買い物だって子供ができたらずっと我慢しないといけなくなるんだから、いないうちに楽しんだほうがいいです!

不妊治療をしているとそのことだけで頭がいっぱいになってしまって、ストレスを溜めないことは難しいと思います。
でも、不妊治療をしてるからと遊びなど我慢はしないで、息抜きも大事です。


こうしてみると健康に気を使ってる人がやってるようなことをやってるだけですね・・・

特別なことはしてないけど全て大事なことだと思います。
いろいろお金をかけて鍼灸など行く前に自分でできることをやってみるのもいいと思います。


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村