Happy mom life

1児のママ 不妊治療をして出産 毎日楽しく育児をするのが日々の目標!

不妊治療にかっかた費用と助成金についてのまとめ

スポンサーリンク

不妊治療を始める、体外受精にステップアップを考えるといくら費用がかかるのか気になりますよね。


私はタイミング法と顕微授精をしました。

お金の話だし、このようなブログで公開するのはどうかな?と思っていたんですが、私の経験が少しでも参考になればと思い、まとめてみました。

f:id:happymomlife:20181229012823j:plain


不妊治療のステップ


まず、不妊治療といってもいろいろな種類があります。

どのように治療を進めていくのか、まずは検査をしないといけません。

女性だけでなく、男性も一緒に検査したほうがいいです。


その検査結果から

タイミング法

人工授精

体外受精

顕微授精


このうちのどの方法で治療するか決めます。

タイミング法から順にかかる金額は多くなっていきます。


そして、タイミング法までは保険適用ですが人工授精、体外受精と顕微授精は保険適用外です。

不妊治療全てにかっかた費用


私が息子くんを授かるまでにかっかた費用は約73万円


これは不妊治療を始めるときにした検査から、顕微授精の判定日までの金額になります。


体外受精や顕微授精を1回するだけで簡単に50万以上はかかります。


体外受精と顕微授精は助成金が出るので負担は減りますが、それでもかなりの額を自分たちで負担することになるので、きちんとお金の計画と夫婦での話し合いは必要です。


詳しくタイミング法と顕微授精でかかった費用をまとめてみます。

タイミング法でかっかた費用


タイミング法では約77.000円

家の近くの産婦人科に通っていました。


内訳は


検査費用 14.000円(私と主人の検査、卵管造影など)

治療費用 63.000円(診察、薬や注射など)


タイミング法では最初薬を飲み、卵胞が育たなかったので注射で卵胞を育てて排卵させてました。


5周期やっても妊娠できなかったので、人工授精はやらずに、体外受精にステップアップします。

顕微授精でかっかた費用


顕微授精では約65万円


加藤レディースクリニックに通っていました。


内訳は

検査費用 25.000円(私と主人の検査)

凍結代  19.000円(精子凍結)

顕微授精 590.000円(診察、薬、顕微授精)

その他  14.000円(甲状腺の病院)


顕微授精に関しては詳しく記録してるのでこちらを読んでみてください。

www.happymomlife.net

不妊治療の助成金


助成金は住んでいる都道府県、市町村で助成内容が変わってきます。

必ず自分が住んでる地域のホームページや保健所に確認してください。

助成金はいくら出るの?


私が住んでる都道府県では、初めての体外受精・顕微授精では30万円まで助成金が出ました。

そして、市町村からも5万円。

合計35万円です。


治療したステージによって助成額が変わってきます。

必ず35万円もらえるわけではないので注意してください。


私は35万助成金が出たので、実際自分たちが負担した金額は約38万円になります。


タイミング法や人工授精でも助成金が出る地域はあるので、必ず確認してみてください。

確定申告で医療費控除の申請も忘れずに!


助成金だけでなく、医療費控除の申請で費用の一部が戻ってきます。

医療費控除って?


医療費控除は、生計を共にする世帯全員の医療費が合わせて10万円を超えると申請でき、医療費の一部が戻ってきます。
(総所得が200万円未満の人は、総所得の5%の金額以上で申請できます)


助成金は、体外受精か顕微授精のみですが、医療費控除はタイミング方も、人工授精も申請できます。


タイミング法でも、毎月治療していれば10万円は超えてしまうと思うので、領収書は必ず保管して確定申告で申請してください。

助成金をもらっていても申請できる


不妊治療の助成金をもらっていても、医療費控除は申請できます。

1年間の医療費-助成金=10万円以上

であれば申請できるんです。


また、病院までの公共交通機関を使った交通費も対象になるので、メモを取っておくと申請するときにわかりやすいです。


助成金35万円を引いた、主人と私の医療費で私は4万円戻ってきました。


5年前までなら遡って申請できるので、もし知らずにいた場合は申請してください。

不妊治療はお金がかかる


タイミング法や人工授精から体外受精にステップアップすると、費用がかなりかかります。


不妊治療は時間とお金がかかります。

それなのに妊娠できる確率は低い。


いつまで不妊治療を続けるのか、どのタイミングでステップアップするのかきちんと夫婦で話し合うことは大事だと思います。


助成金や医療費控除も使って、少しでも負担を減らして治療していきましょう!